記事一覧

ブログ始めました

blogを始めました。今年もお中元に送られるお客様より、「雪椿」が美味しいとの声がうれしく思います。

 

ご飯だけで、おかずがいらないなどの声や、贈った方に喜ばれるとの声にありがたく感謝の思いでございます。

 

お弁当も、今まで食べたお弁当とは、まったく違うとのお話をいただき、やりがいを感じております。

 

これからも食の安全を考え、肥料や産地にこだわった美味しいお米を通じて食の未来を届けられるよう精進してまいりますので、よろしくお願い致します。

2018年07月04日

「魚沼産特別栽培コシヒカリ雪椿の米作り」その①

~通常の魚沼産コシヒカリとの大きな違い~


日本一の豪雪地帯といわれるほど、冬は雪深く、その雪が、他の産地と違い、半年間、土を雨風から守り土を休めます。

生産地「津南町」は、海抜200m~600mあり、昼夜の寒暖差が農作物に適しており、国内でも数か所しかない環境王国に認定されています。

 

一般的な米作りには、雪解け後、田植え前に肥料を入れ土づくりを行います。

「魚沼産特別栽培コシヒカリ雪椿」の場合、秋の稲刈りが終わった段階で、肥料をいれ土づくりを行います。

その後、雪が解け、春先に、もう一度、肥料を入れ土づくりを行います。

肥料も手間も2倍かけて、美味しい米づくりを行い、お届けしております。

 

2018年07月30日

「魚沼産特別栽培コシヒカリ雪椿の米作り」その②

~通常の魚沼産コシヒカリとの収穫後の違い~

①一般的なお米は、稲刈り後、籾を各地の大型乾燥機に納入し一気に熱を加えて乾燥させています。
雪椿では、「熱は米の食味を大きく下げてしまうため」に大型乾燥機を使用せず、熱を使わず、ゆっくりと時間をかけて除湿をしながら籾を乾燥させ食味を高めています。


②雪椿は、通常の魚沼産コシヒカリとの差別化を図るため、籾から玄米に調整する際に網目1.9mmを使用し1.9mm以上のお米を厳選しております。他の魚沼産コシヒカリより大粒のお米となります。

③一般的な玄米から精米し白米とする工程では、低温精米機なども普及しており使用されていますが、短時間で精米までの工程も少なく食味の低下につながります。

雪椿の精米は、他の精米機と違い熱を抑えながら精米する機械を使用し、食味値の低下を防いでいます。

ご注文後、商品発送日に精米致しますので、お客様へ精米したてのお米をお届けいたします。

 

 

2018年08月02日

「魚沼産特別栽培コシヒカリ雪椿の米作り」その③

image

土づくりに堆肥や、菜種粕などの完熟肥料の有機質、有機物を使用しています。

 

除草作業は、農薬を使用していないため、一本、一本、手で草を抜き取り行っています。

 

安心、安全で作り上げ、お米の食味を崩さないよう、一般的な火力乾燥ではなく、風を利用し

ゆっくり乾燥させる方法を用いております。

 

お客様にご注文をいただいてから精米し、お届け致します。

 

 

 

2018年09月15日